見出し画像

歳を取る。父と私。

人は歳をとる。

私は父と仲がいい。

今でも実家に帰ると、
先に寝る父を追いかけていき、
父が寝息を立てるまで話をする。

私が小学生の時、
1番に起きるのは母、ではなく、父だった。

土日も7時くらいには起きて、
白黒の映画を見続けていた。

11時くらいまで寝ていた私が
起きてリビングに行くと、
大体いつもクライマックスで、
映画の後半部分だけやたら知っいてる記憶がある。

最近は、私が二度寝したり、
遅くまで寝たりすることができなくなった。

休みの日でも、8時か9時には起きて、
することもないから洗濯に明け暮れることもある。

あぁ、歳を取ったんだな。
心の中でそう思うことも増えた。

お盆は実家に帰った。

ただ、今年の夏はいつもと少し違った。

9時近くに起きて(それ以上眠れなかった)、
歯を磨いていたら、
後から起きてきた父が、
寝ぼけ眼で洗面所に来た。

2人並んで歯を磨いた。

あ...。
2人並んで歯を磨く朝って、初めてだ。

鏡を見ながら、歳を取ったんだな、と思った。

身長が伸びた私、縮んだ父。
朝起きるのが早くなった私、遅くなった父。
ご飯の量も昔より食べるようになった私、
あまり食べなくなった父。

チグハグだけど、
親子で歳を取るってこういうことなのかもなと思った。

今日は夢を見た。
居酒屋でもう少しお酒を飲みたいとせがむ父を、私が止めていた。

なかなか納得しない父に、
あきれ始めたところで、

電話がなって起こされた。

なんだと思ったら、
父からだった。

用あって、今日、福島から東京に来るという。

父と東京を歩くなんて、あと何回あるだろう。

到着まであと少し。

父が着く頃には、今よりすこーし、
歳を取っているんだろうな。

#父と娘 #親子 #歳

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

Risa.I

livesense days

リブセンスにかかわる人が、日々をつれづれ描いていくマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。