見出し画像

プログラミング教室のはなし

きたみらい会議 さんと協働して、宮崎で小学生向けのプログラミング教室をやってきました。

教室の内容は、

・プログラミングとは
・ロボットゲーム
・ScratchJr を利用したゲーム作りを3本

で、3〜4年生、5〜6年生に対して2回に分けて実施しました。

用意できる環境が、タブレット + ネット環境ナシだったため、少し簡単すぎるコンテンツになってしまったかな?と心配していたのですが、子供たちのものすごい集中力とアイデア力でなんとか凌げた...と思います。

よかったところ

・選ぶパーツやプロセスを自由にしたので、創造性が高まった...気がする。
・自然と子供同士で教え合う雰囲気ができていた。
・炊き出しの昼ごはんがビックリするくらい美味しかった。

もっとがんばりたいところ

・もう少し説明を入れても良かった。特に高学年には。
・最初のロボットゲームはもっと小さい子向けがちょうど良い。

ちなみに、保護者の方に向けて大人向けの冊子や、家に帰って遊べるように Scratch の FizzBuzz の付録を用意しました。

このあたりも、まだまだ工夫の余地がありそうです。

今回、はじめての経験をさせてもらって、ものすごく感謝しています。最初は「ちょっと大変なことを引き受けちゃったかな?」と思いましたが、そんなに問題はなかったです。普通に楽しんで用意ができました。

このような取り組みは、次につながることが大切だと思います。とても良いことなので、つながれーーー!!

メチャメチャのどかなところでした。

とても立派な会館でした。体育館・児童書たくさん・テニスコート・お風呂...これらが地域の人々は無料で利用できるとのことです。すごい!!!

天気にも恵まれて、常に爽やかでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

micchie

業務設計と熊を愛するGopher, より良いリーダーシップの会得を目指しています。

livesense days

リブセンスにかかわる人が、日々をつれづれ描いていくマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。